アンケート

2013年度『しごと研究セミナー〜日清食品』アンケート結果

2013年、関西大学のキャリア講座として「しごと研究セミナー〜日清食品社員が語る 仕事についてのホントとホンネ」が行われました。日清食品ホールディングス人事部の土居仁さんが、会社で働くことをよりリアルに学生たちに知ってもらうために、日々の仕事の話を伝えました。

本レポートは、セミナーを受けた関西大学の1、2年生のみなさんを対象に実施したアンケート結果をまとめたものです。学生のみなさんからいただいた感想を集計・分析してイベント内容を改善すること、キャリア教育の基盤づくりに貢献することを目的としています。

概要

[調査日程]
・2013年11月
[調査対象]
・セミナーを受講した関西大学1,2年生

セミナーの内容に満足しましたか?

016-11-02 10.49.09

ー 86%の学生が、セミナーの内容に「満足」「大変満足」したと回答しています。
仕事の話を社会人の方から直接聞くことで、会社や仕事に対してのイメージや理解につながったことがわかりました。

DSC_0039

セミナーはどうでしたか?

◯ 社会で働く責任や喜び、失敗を赤裸々に語っていただいたので、とても楽しかった。自分がどうしたらいいのか、何がしたいかわからないなら、このような話を聞くこともいい経験だと思う。
◯ 会社、企業がどのようなことをしているのかわかった。受験勉強をしている時から社会とはどんなものか気になっていたので、それがわかってよかった。
◯ もっと食品メーカーについて知りたかった。でも、伝えることには自信が大切であることや、これから経験したことをどう使うかが重要だとわかったので、勉強になった。
◯ 日清食品での経験、失敗談を聞き、社会人の大変さを知った。自分も誰にも負けない好きなことを見つけ、それを仕事にしたいと考えた。
◯ 仕事の話よりプライベートの話の方が多かった。個人的には、労働組合の有無や残業、部署・配属といった会社の詳しいことを教えてほしかった。

ー 会社での仕事の失敗談、経験してきたことなど、さまざまな働くことの具体的な話を聞けたことで、多くの学生が働くイメージを沸かせていました。一方で、就職活動につなげるために、業界のことや会社の制度のことを知りたいという学生もいました。

DSC_0069

セミナーへの要望はありますか?

◯ 職場見学や仕事体験をすれば、今からどのような勉強をすればいいのか明確になると思う。
◯ 営業部、企画部、広報部、人事部といった部署ごとのセミナーや、説明会を受けたくなった。
◯ 次は社会人と話せる座談会や茶話会で、より密にコミュニケーションをしてみたい。
◯ まだ自分が何に向いているかわからず、どんな仕事があるか詳しく知らないので、大まかにこんな仕事があるということを知りたい。

ー セミナーを受けた学生は、職業体験、部署の説明などの、より仕事に近い情報を得たいと考えが広がっていました。

DSC_0094

総括

「しごと研究セミナー〜日清食品社員が語る 仕事についてのホントとホンネ」を受講した学生たちは、社会人の日々の仕事内容を直接聞くことで、会社で働くことへのイメージや理解が促進している点で満足していることがわかりました。
さらに、今回のセミナーの要望から、より具体的に自分がキャリアを形成する上で必要なことを認識することができていました。一方で、業界や会社情報など就職活動を踏まえた情報を得たいと考えていることがわかりました。

調査結果、引用・掲載に関するお問い合わせ

株式会社トゥワイス・リサーチ・インスティテュート
TEL. 03-6861-3553
FAX. 03-6861-3554
E-mail info@twiceresearch.jp