授業レポート

【オンラインで探究学習】『プレゼンワーク』プレゼン本番・振り返り〜八千代松陰中高

「チームで設定した探究テーマについてプレゼンする」ことをゴールに、プレゼンのコツを身につける『プレゼンワーク』の第4回目の授業が行われました。
全4回の講座の最終日は、前回に引き続き4チームがプレゼンテーションしました。
 

「オンラインでの発表だったからリラックスして話すことに集中できた」

最初に発表したのは「いちご」チーム。
「なぜ雲が生まれるのか?」という問いを設定した上で、雲ごとの発生の違いやどのような環境問題が起きているのかということまで探っていきました。

「知っているようで知らない雲について、知ってみたかったしそれを伝えたかった。短時間でプレゼンをつくりあげるのは大変だったけどやりきれてうれしい」と発表した感想を伝えました。

「人前で発表するのは苦手だったけど、オンラインだと画面越しなのでリラックスして話すことに集中できたと思います」。オンラインでのプレゼンだからこそスムーズにできたという声もありました。

「内進3年生」チームは、
「”どうぶつの森”が、なぜこれほど長く愛されているのか?」という探究テーマでプレゼン。

「時代の価値観の変化とともに、ゲームでできることも変化している」という仮説を立て、”どうぶつの森”のどんなところが人を惹きつけているのかをアンケートでの調査結果から分析して発表しました。

発表後、聞き手からも感想を聞きます。
「おもしろい題材に目をつけたなと思った」
「今の社会の状況にマッチしていて、トピック選びがうまいと思った」
「プレゼンのときにジェスチャーをつけていて、話し方もハキハキしていてとてもわかりやすかった」
そして、こうしたコメントから、画面越し(オンライン)でのプレゼンでは、どんな工夫があると伝わりやすいのか気づきを受け取っていました。

 

オンラインでの協働学習の方法を自ら探究

「学年も違うし一度も会ったことのない人たちとのチームだったので、なかなかチームで発言することもできませんでした。でも、プレゼンづくりのときのチャットから、少しずつみんなとコミュニケーションできるようになっていきました」

「最初からすぐにチームメンバーで連絡先を交換してしっかりと話し合うことができたので、ここまでやることができたと思います」

「プレゼンのときにスライドを切り替えるタイミングの練習ができなかったので、台本に印をつけて全員に共有して補ったり、いろいろと工夫することができました」

直接会ってコミュニケーションすることができない状況の中で、どうすればうまく協働できるのかを各自が探究していました。
この時期だからこそ経験できた学びを、次の学習の原動力にしようという意思が伝わってきました。

 

“事後アンケート”結果レポート

ワーク終了後、
探究学習、プレゼン、オンラインでのチーム学習について事後のアンケートを取りました。

まず、探究学習についてのイメージです。

 

70%の生徒が「探究学習」が「役に立つ」と実感

探究学習 プレゼン

ワークに取り組む前のアンケートでは90%以上の生徒が「難しそう」と回答し、「役に立ちそう」と回答した生徒は44%しかいませんでしたが、ワーク取り組み後は、「難しい」という回答が約半数減少し、70%(14名)の生徒が「役に立つ」と回答しました。

 

プレゼンに対するハードルが低くなった

探究学習 プレゼン

プレゼンに対するイメージでは、「難しい」と回答する生徒が減り、取り組み前には1人もいなかった「簡単」と回答する生徒がいました。「おもしろい」と回答する生徒も増えました。

探究学習 プレゼン

探究学習 プレゼン

参加者全員が「プレゼンの目的ややり方について理解できた」、「(プレゼンを)以前より好きになれた」と回答していることからも、プレゼンについて理解し、好きになれたことでプレゼンに対するハードルが下がったことがわかります。

 

40%の生徒が「プレゼン・発表は教室よりもやりやすい」と回答

オンライン授業

オンライン授業

オンライン授業

オンライン授業での「プレゼン。発表のやりやすさ」に関して、40%近くの生徒が「教室よりやりやすい」と回答。(20%は「教室と同じくらい」と回答)。
その他の「グループワークのやりやすさ」、「先生の話の聴きやすさ」では半数以上が「普通の教室よりもやりにくい」と回答していることから、「プレゼン・発表」に関してはオンラインでの不便さを感じにくく、オンラインによるメリットも感じていることがわかりました。

オンラインの探究学習に対する生徒のみなさんの感想「対面とはまた違ったプレゼンを経験できたことが学びになった」

「LINEを使用できれば、ディスカッション等をするのに難は無いと感じた」

「リアルだと硬くなってしまうけど、オンラインだと画面の先にいるため、一定の距離があってやりやすい」

「プレゼンの仕方もよくわかったが、それ以前にZOOMを使ってこのような体験ができたのはとてもよかったと思う」

「学校でデジタル教材や、プレゼンを行う機会が多いですが、そこでするプレゼンとはまた違ったインターネットを介したものだったので、いい経験ができました」

<TWICE PLAN 冨ヶ原>