授業レポート

共立女子中学校『企業インターン』プレゼンテーション

『企業インターンワーク』の取り組み開始から約2ヶ月が経ち、企業から出された課題に応えるプレゼンテーションの日を迎えました。
この日は大塚製薬の車谷さんが3年5組の教室にいらっしゃり、企画提案への講評をしていただきました。

プレゼンの準備をする共立女子中学校の生徒たち
プレゼンの準備をする共立女子中学校の生徒たち

最後のプレゼン準備。テスト前でなかなか時間を取れない中での実施となったので、大急ぎで確認します。

プレゼンをする共立女子中学校の生徒たち

企業理念、指令とその条件、健康の知識全般を紹介した後、
「これらを踏まえて、私たちは“ふりかけ”を提案します」
と、自分たちで考えた企画を理路整然と発表します。

コメントをする大塚製薬の社員

大塚製薬の車谷さんは「私たちがまさに求めていた社会的な背景を入れ込んだ構成で、説得力がありました」とコメント。
発表したチームメンバーの顔がほころびます。

プレゼンの準備をする共立女子中学校の生徒たち

プレゼンの準備をする共立女子中学校の生徒たち

江崎グリコと森永乳業のチームも発表。
発表したチームの感想では「スライドとしゃべるタイミングをもっと合わせたかった」「字が小さすぎた」といった反省点があがりましたが、見ている他のチームからは「絵があって見やすかった」「全体がまとまっていて勉強になった」という肯定的な感想がありました。

発表者だけではなく全員が一体となり、互いのよいところから学んだ充実した時間になりました。

<TWICE PLAN 水村>

学校名:共立女子中学高等学校
科目:LHR
ワーク:企業インターン
目的:自分自身の特性を知り、大学の学部学科選択など、将来の進路に生かす。